4月 19, 2015 · 仕事内容 · コメントは受け付けていません。

yakudatu訪問看護師として働いてみたい。
という看護師も増えてきていますよね。
 
看護師の仕事の中では、
訪問看護師は日勤の仕事であり、
夜勤がない。
 

 
さらに基本的には平日のみの仕事ということで、
今後も訪問看護師の仕事をしてみたい。
 
という人は増えていきそうです。
訪問看護師の仕事というのは、
基本的には看護師免許があれば就くことが出来る仕事です。
 
 
でも、多くの訪問看護師が、
看護師プラスαの資格を目指している。
と言われているのが、ヘルパー資格やケアマネージャーの資格になります。
 
在宅医療を受けている患者さんの多くは、
同時に介護の必要性もある患者さんが多くいます。
 
 
医療知識と介護の知識の両方を持つことは、
仕事を行う上でもとても便利になりますよ。
 
在宅医療を受ける方というのは、
以前は自分ではなかなか医療機関に行くことが出来ない障害を持つ方や、
ターミナルケアを自宅で受けたいという方が多くいました。
 
 
しかし、以前は入院して医療を受けていた高齢者の方が、
在宅で医療を受けるようになった。
という人が増えてきています。
 
また、このような高齢者には、
認知症などを患っているという方も多くなってきています。
 
 
このような患者さんに対応するには、
やはりケアマネージャーのような介護のスペシャリストとしての知識。
というのはとても強みになります
 
訪問看護では、医療サービス提供者と
それを受ける患者さんとが信頼し合う必要があります。
 
 
介護者としての知識は、
その信頼関係を築く上でとても役立ちますよ。