4月 19, 2015 · 時間 · コメントは受け付けていません。

yakin病棟での看護と異なり、
訪問看護になると一人での仕事だから、
かなり特殊な環境で、仕事も大変そう。
 
そんな風に思う看護師もいるかもしれませんが、
基本的には特殊な能力などは不要な仕事になります。
 
 
訪問看護は主に医療依存度が高い高齢者に対して、
定期定期な看護サービスを提供することが多くなります。
 
看護師が一人で自宅に訪問することが多くなります。
 
 
ただ、場合によっては医師と共に訪問診療を行う。
というケースも稀ですがないわけではありません。
 
一人で患者さんの自宅に訪問するときには、
医師の指示書によって医療サービスを提供することになります。
 
 
看護師としての知識や技術があれば、
決して難しい仕事はないんですよ。
 
 
訪問看護で行う業務は、
バイタルサインを確認したり、
在宅で可能な医療処置になります。
 
胃ろうや腸ろうへの栄養剤注入の援助を行ったり、
吸引処置が必要な患者さんに対して、吸引機を用いた痰の吸引、
カテーテルの管理やチューブ類の管理なども行います。
 
 
日頃は家族の方が行っている処置なども多く、
看護師はその指導や相談に乗ったりもします。
 
以前は日中のみのサービスが多かったのですが、
独居の患者さんなども増え、
中には24時間巡回が必要な患者さんも増えてきています。
 
 
そのため、24時間対応といった
訪問看護ステーションも出てきています。
 
ただ、24時間看護の病棟に比べると、
緊急性が高いということは少なく、
その他在宅サービスと連携して働くことになりますので、
精神的な負担は少なくなりますよ。

4月 19, 2015 · 時間 · コメントは受け付けていません。

sigoto訪問看護師には興味があるけど、
実際にどんな仕事をしているの?
と思っている方もいますよね。
 
では、実際に訪問看護師のお仕事をチェックしてみましょう。
 
 
朝、出勤後にはまず朝礼です。
その日一日の仕事の内容をチェックします。
 
カンファレンスでは、
主治医への報告やケアマネージャーからの伝達事項など
確認すべきさまざまな内容の報告がありますよ。
 
 
もし欠席してしまった場合には、
他の出席者から確認することも忘れないようにしましょう。
 
訪問看護師の仕事では、自動車を運転して、
患者さんの自宅に訪問することになります。
 
 
自動車運行に際した注意喚起なども
この時に行われることになります。
 
管理者と一日のスケジュールを確認してから、
いよいよ医療器具を揃えて患者さんの自宅に訪問です。
 
 
医師の指示書に従って、
それぞれの患者さんに合った医療サービスを提供します。
 
だいたい1時間くらい滞在し、
患者さんや患者さんの家族からの質問や相談にも乗ります。
 
 
午前中と午後の間には、
一度ステーションに戻って昼食を取ります。
 
スケジュール通りに訪問看護が終わると、
訪問看護ステーションに戻って報告書の作成などを行います。
 
 
一日の最後には、
訪問看護ステーションでミーティングを行い、
患者さんの様子などを情報交換しますよ。
 
主治医への報告書や、
管理者への報告書など、
意外に事務作業も多くあります。