4月 19, 2015 · 仕事内容 · コメントは受け付けていません。

donna最近では訪問看護ステーションの名前が書かれている車を
町中で見かけることが多くなってきました。
 
高齢化社会を迎え、
在宅医療を受けている患者さんは多く、
訪問看護ステーションなどを利用している。
 
 
という患者さんは増えてきています。
訪問看護師はそんな訪問看護ステーションから患者さんの自宅にお伺いし、
医療サービスを提供する。
 
というのが仕事になります。
 
 
単独では医療行為を行う範囲が限られている看護師ですが、
訪問看護師は医師の指示書を元にした医療行為を行います。
 
バイタルチェックをはじめ、カテーテルやチューブ類の管理、
医療器具の管理、さらに経管栄養の管理といったものや、
筋肉注射といった、介護従事者には行うことが出来ない医療行為も行います。
 
 
床ずれなどを処置し、体位変換を行ったり全身清拭なども行いますよ。
 
 
訪問看護師の一日は、
朝訪問看護ステーションに出勤してミーティング後、
計画に基づいて午前中に2~3件、午後2~3件の患者さんを訪問します。
 
夕方にはステーションに戻って記録類を作成したり、
カンファレンスを行って情報交換を行い、
大体17時~18時には退社することが出来ることが多くなります。
 
 
病院と異なり、計画に基づいて仕事をするため、
土日祝日はお休みをすることもできますし、
夜勤もない仕事になります。
 
非常勤採用として、
週に2~3回程度の勤務という状態から始めることもできます。
 
 
休職をして、ブランクがある看護師や、
子育て中、家事との両立を図るといった看護師でも、
働きやすい職場になってきています。

4月 19, 2015 · 仕事内容 · コメントは受け付けていません。

yakudatu訪問看護師として働いてみたい。
という看護師も増えてきていますよね。
 
看護師の仕事の中では、
訪問看護師は日勤の仕事であり、
夜勤がない。
 

 
さらに基本的には平日のみの仕事ということで、
今後も訪問看護師の仕事をしてみたい。
 
という人は増えていきそうです。
訪問看護師の仕事というのは、
基本的には看護師免許があれば就くことが出来る仕事です。
 
 
でも、多くの訪問看護師が、
看護師プラスαの資格を目指している。
と言われているのが、ヘルパー資格やケアマネージャーの資格になります。
 
在宅医療を受けている患者さんの多くは、
同時に介護の必要性もある患者さんが多くいます。
 
 
医療知識と介護の知識の両方を持つことは、
仕事を行う上でもとても便利になりますよ。
 
在宅医療を受ける方というのは、
以前は自分ではなかなか医療機関に行くことが出来ない障害を持つ方や、
ターミナルケアを自宅で受けたいという方が多くいました。
 
 
しかし、以前は入院して医療を受けていた高齢者の方が、
在宅で医療を受けるようになった。
という人が増えてきています。
 
また、このような高齢者には、
認知症などを患っているという方も多くなってきています。
 
 
このような患者さんに対応するには、
やはりケアマネージャーのような介護のスペシャリストとしての知識。
というのはとても強みになります
 
訪問看護では、医療サービス提供者と
それを受ける患者さんとが信頼し合う必要があります。
 
 
介護者としての知識は、
その信頼関係を築く上でとても役立ちますよ。

4月 19, 2015 · 仕事内容 · コメントは受け付けていません。

sinrai訪問看護師の仕事場は、
患者さんの自宅ということになります。
 
病院では分からないような、
患者さんの私生活の部分を見ながら
仕事をすることになります。
 
 
生活の中に潜んでいる問題点なども、
目にすることがありますよね。
 
プライベートな部分い立ち入ることによって、
初めて質の高い医療サービスを提供することが出来る。
という一面もあります。
 
患者さんの自宅にお伺いして、
必要な医療を提供する訪問看護師は、
患者さんとの信頼関係を築くことも非常に需要です。
 
 
この信頼関係を結ぶことが出来ることで、
得られるやりがいというものもとても増えますよね。
 
医療を受けるがわ、
提供する側の双方にとって、
良い環境とも言えます。
 
 
在宅での治療は、
病院で行う治療に比べると、
やはり質としては決して高いわけではありません。
 
でも、患者さんにとって、
満足度が高い医療になることが多くなります。
 
 
その理由としては、
やはり医療提供者である訪問看護師と、
良好な関係が築け、強い信頼関係を築けるからです。
 
訪問看護師は、実際に私生活の中に入り込むことで、
どのような医療が必要なのかという判断が出来ます。
 
 
医療はやはりサービスを受ける患者さんの状態を、
しっかりと把握することが大切です。
 
この人にとってベストな医療はどのようなものなのか、
しっかりと主治医と患者さんを繋げる架け橋として、
働くことが重要ですよね。