2月 2, 2015 · 未分類 · コメントは受け付けていません。

ホームヘルパー資格は◎

nwbgkenzhgkr
訪問ナースは、基本的に看護師の資格が必須であり、
これさえ持っていれば最低限の業務を行えます。

介護も看護の一環としてとらえることができますので、
特に問題なく介護を行うことができます。

 

しかし、望ましいのはホームヘルパーや、
ケアマネージャー、ケアワーカーなどを
取得することによって更なる知識が身に付きます。

介護利用者やそのご家族にとって
安心感を与えることができるので取得するといいでしょう。

 

これらを取得していると、
同じ訪問看護ステーションで働く介護スタッフとも
意思疎通が容易に図れるようになります。

 

同僚から一目を浴びる資格がある?

介護利用者から健康の相談を受けた時に
役に立つのが保健師です。

さらに、日本看護協会から認定される
認定看護師の資格を持っていると
転職するときにもかなり役に立ちます。

 

この認定看護師になるにはハードルが高く、
看護師や保健師の免許をとってからの
臨床経験が5年以上あり、

このうち3年以上も訪問介護の仕事をしている
人のみに与えられます。

 

したがって、この認定看護師を取得する意味は
非常にメリットがあります。

介護の利用者やご家族、同僚たちから
一目置かれることは間違いありません。

 

訪問介護のプロフェッショナルということを
証明してくれます。

 

有利な資格はたくさんあります

ienchgke
今は看護師として病院で働いているけれど、
いずれは訪問ナースの仕事をしたいといった人も
多いのではないでしょうか。

自宅療養などをしている人をケアする仕事ですが、
将来的になるためにあると
有利な資格というのがいくつかあります。

 

高齢者の訪問ということが多いでしょうから、
ケアマネージャーを取っていると
介護に関する調整もできたりします。

より住みやすい住環境をアドバイスできる
福祉住環境コーディネーターもありますが、
住環境にも関わっていくつもりであれば
あると有利かもしれません。

 

より専門的な資格もあります

認知症の方をケアするための、
認知症ケア専門士も高齢者施設などで
働きたいといった場合に有利だといえます。

タクティールケア認定者
というのもあります。

 

あまり耳慣れないですが、
認知症に関するものです。

高齢者施設などの仕事をしたいときに
有利だといえるでしょう。

 

患者さんのケアをして支えていくこのお仕事で、
これらの資格を持っていないといけない
といったわけではない
かもしれません。

しかし、これらの勉強をしていると、
より患者さんをサポートすることが
できる
といえるでしょう。

 

仕事をしながら取得していくのは大変ですが、
将来訪問看護を考えているならば、
一度勉強してみてもいいのではないでしょうか。